2020.9.18NEW
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(89)見世物稼業とコロナ禍→コラムを読む
 
     
 
2020.9.11
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(88)消えた出版社の本の行方→コラムを読む
 
     
 
2020.9.5
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(87)ある本の誕生まで—著者と編集者の往復書簡(その4)→コラムを読む
 
     
 
2020.8.29
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(86)ある本の誕生まで—著者と編集者の往復書簡(その3)→コラムを読む
 
     
 
2020.8.21
 
 
甲斐啓二郎写真展「骨の髄 Down to the Bone」が開かれます。
銀座ニコンサロン 8月26日(水)〜9月8日(火)
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(85)ある本の誕生まで—著者と編集者の往復書簡(その2)→コラムを読む
 
     
 
2020.8.15
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(84)ある本の誕生まで—著者と編集者の往復書簡(その1)→コラムを読む
 
     
 
2020.8.8
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(83)誤訳、改訳そして新訳、・・・また誤訳→コラムを読む
 
     
 
2020.7.31
 
 
NumberWebのコラムで、甲斐啓二郎写真集『骨の髄』が紹介されています。 筆者はスポーツ・ジャーナリストの生島淳(いくしま・じゅん)さん。
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(82)「はたちの頃に読んだ本」→コラムを読む
 
     
 
2020.7.23
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(81)古河力作と古河三樹松→コラムを読む
 
     
 
2020.7.17
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(80)見残しのひと→コラムを読む
 
     
 
2020.7.10
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(79)声なき声の会→コラムを読む
 
     
 
2020.7.4
 
 
【書評】『未来へ』(毎日新聞)→書評を読む
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(78)九段下・耳袋 其のじゅうよん→コラムを読む
 
     
 
2020.6.27
 
 
『朝日新聞』第1面の連載コラム「折々のことば」(選・文=鷲田清一)で、2日続けて『未来へ 原爆の図丸木美術館学芸員作業日誌 2011-2016』(岡村幸宣著、新宿書房)からの「ことば」を取り上げていただいた。

2020年6月19日(金)
「彼らの仕事は恐怖を芸術と祈りに変える人間の力の証明です」
(「原爆の図展」感想ノートから)
https://www.asahi.com/sp/articles/DA3S14518100.html

2020年6月20日(土)
かたちのきれいな松ぼっくりだけ選んじゃだめよ。かたちの良くないのだって、面白いんだから。みんな同じ松ぼっくりなんだ 
(万年山[まねやま]えつ子)
https://www.asahi.com/articles/DA3S14519469.html

『朝日新聞』のデジタル版は無料会員登録で読むことができます。
 
     
 
2020.6.27
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(77)『未来へ』が未来へ運ぶ「ことば」→コラムを読む
 
     
 
2020.6.20
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(76)九段下・耳袋 其のじゅうさん→コラムを読む
 
     
 
2020.6.13
 
 
新型コロナのため、閉館中だった「原爆の図丸木美術館」が6月9日より再開しました。同美術館学芸員の岡村幸宣さんが『朝日新聞』と『東京新聞』の6月9日夕刊に登場しました。どちらにも新刊『未来へ―原爆の図丸木美術館 学芸員作業日誌2011―2016』 が紹介されています。
 
 
【書評】『骨の髄』(日刊ゲンダイ)→書評を読む
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(75)2019年台風15号始末記→コラムを読む
 
     
 
2020.6.6
 
 
【書評】『未来へ』(中國新聞)→書評を読む
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(74)新村忠雄の歩いた時間 承前→コラムを読む
 
     
 
【原爆の図丸木美術館支援緊急募金】
「原爆の図」で知られる丸木美術館が、新型コロナウイルス影響による臨時休館で、緊急募金をお願いしています。詳しくは→丸木美術館特設ページ
さらに、「原爆の図」「丸木美術館」については、小社刊・丸木美術館学芸員 岡村幸宣著『《原爆の図》 全国巡回』『未来へ
 
     
 
2020.5.30
 
 
【書評】『骨の髄』(南日本新聞/アサヒカメラ)→書評を読む
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(73)新村忠雄の歩いた時間→コラムを読む
 
     
 
2020.5.22
 
 
【書評】『骨の髄』(東京新聞/朝日新聞)→書評を読む
 
 
【書評】『未来へ』(信濃毎日新聞 他)→書評を読む
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(72)ガリ版印刷の歴史・文化を刻む→コラムを読む
 
     
 
2020.5.15
 
 
【書評】『未来へ』(長崎新聞/琉球新報/東京新聞/じゃかるた新聞)→書評を読む
 
 
【書評】『骨の髄』(秋田魁新聞)→書評を読む
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(71)『宇江敏勝 民俗伝奇小説集 索引事典』→コラムを読む
 
     
 
2020.5.9
 
 
【書評】『未来へ』(毎日新聞/週間読書人/美術手帖)→書評を読む
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(70)自前のメディアをもとめて—明治両毛の山鳴りから→コラムを読む
 
     
 
2020.5.1
 
 
【書評】『未来へ』(映画芸術)→書評を読む
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(69)本を読む犬→コラムを読む
 
     
 
2020.4.24
 
 
【書評】『未来へ』(埼玉新聞/月刊美術/図書新聞)→書評を読む
 
 
【書評】『骨の髄』(artscape/美郷の話題/CAPA)→書評を読む
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(68)バリのワヤン人形の本→コラムを読む
 
     
 
2020.4.17
 
 
【書評】『骨の髄』(秋田魁新報)→書評を読む
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(67)盲導犬になれなかったパル→コラムを読む
 
     
 
2020.4.10
 
 
【書評】『骨の髄』(信濃毎日新聞)→書評を読む
 
     
 
2020.4.10
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(66)九段下・耳袋 其のじゅうに→コラムを読む
 
     
 
2020.4.4
 
 
【書評】『未来へ』(夕刊フジ)→書評を読む
 
 
【書評】『骨の髄』(夕刊フジ)→書評を読む
 
     
 
2020.4.4
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(65)百人社の3冊→コラムを読む
 
     
 
2020.3.27
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(64)『晴れた日に…雨の日に…』→コラムを読む
 
     
 
2020.3.27
 
 
【書評】『四匹のカエルとおやかた』(図書新聞)→書評を読む
 
     
 
2020.3.20
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(63)100年前のパンデミック、「スペイン風邪」→コラムを読む
 
     
 
2020.3.13
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(62)大木茂写真集『汽罐車 よみがえる鉄路の記憶1963-72』のこと→コラムを読む
 
     
 
2020.3.6
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(61)骨の髄まで未来へ 新刊2冊→コラムを読む
 
     
 
2020.2.29
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(60)九段下・耳袋 其のじゅういち→コラムを読む
 
     
 
2020.2.21
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(59)三省の樹→コラムを読む