2019.5.24NEW
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(21)ふたりの編集者→コラムを読む
 
     
 
2019.5.18
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(22)みたびサーカス博の丸木美術館へ→コラムを読む
 
     
 
2019.5.10
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(20)小さな映画会→コラムを読む
 
     
 
2019.4.27
 
 
【コラム】平野共余子「アンコウになって、闇より帰還」(37)バルカン映画4作→コラムを読む
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(19)サーカス博覧会ふたたび、木版画運動、上野誠→コラムを読む
 
     
 
2019.4.19
 
 
【書評】『呪い釘』(週刊読書人)→書評を読む
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(18)記録映画『アメリカの家庭生活』と3冊の本→コラムを読む
 
     
 
2019.4.12
 
 
以下の3冊が、全国学校図書協議会の選定(いずれも程度:高校)を受けました。
1)『呪い釘』
2)『ダンサーは消える』
3)『村山新治、上野発五時三五分』
 
     
 
2019.4.12
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(17)樹を見て風を聞く、静寂と清涼、戦後編集者、泰という国→コラムを読む
 
     
 
2019.4.5
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(16)サーカス博覧会が丸木美術館にやって来た!→コラムを読む
 
     
 
2019.3.29
 
 
【書評】『金春の能〈上〉』(能と狂言)→書評を読む
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(15)火を焚きなさい 宇江敏勝→コラムを読む
 
     
 
2019.3.23
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(14)正誤表 『訂正人語』 昭和天皇実録→コラムを読む
 
     
 
2019.3.15
 
 
原爆の図 丸木美術館(埼玉県東松山市)で「サーカス博覧会」が 開かれます。開催期間は4月2日〜5月26日です。
本展では、近年のサーカスや見世物小屋を彩った絵看板やポスターなどの貴重な実物資料、記録映像などおよそ120点の作品が展示されます。主催はサーカス博覧会博覧会実行委員会(原爆の図 丸木美術館・ポレポレタイムス社・新宿書房)。
プレスリリースはこちら
 
     
 
2019.3.15
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(13)岡留安則、『噂の眞相』、杉浦康平→コラムを読む
 
     
 
2019.3.7
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(12)映画『よあけの焚き火→コラムを読む
 
     
 
2019.3.3
 
 
映画『よあけの焚き火』(土井康一監督、桜映画社、公式サイト)が、ポレポレ東中野で3月2日(土)から公開されます。館内で販売されるパンフレットの編集・校正に新宿書房が協力しました。
 
 
 
     
 
2019.3.3
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(11)川本三郎、清田義昭、田仲のよ→コラムを読む
 
     
 
2019.2.23
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(10)こころの時代 山の人生 山の文学 作家・宇江敏勝→コラムを読む
 
     
 
2019.2.16
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(9)松本昌次さん→コラムを読む
 
     
 
2019.2.9
 
 
宇江敏勝さん、NHK Eテレ「こころの時代」(1/27、再2/2)に出演で大反響です。著書の目録を用意しました。ご希望の方にはお送りいたします。
 
 
 
     
 
2019.2.9
 
 
【書評】『呪い釘』(南日本新聞)→書評を読む
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(8)栗山富郎と村山新治と関川秀雄→コラムを読む
 
     
 
2019.2.1
 
 
朝日新聞2019年1月26日朝刊1面に広告をだしました。
 
 
『一冊の本』(朝日新聞出版)2019年2月号に広告をだしました。
 
 
 
 
朝日新聞広告
『一冊の本』広告
 
 











 
     
 
2019.2.1
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(7)村山新治と佐伯孚治→コラムを読む