2018.2.16NEW
 
 
【書評】『熊野木遣節』(しんぶん赤旗)→書評を読む
 
     
 
2018.2.16NEW
 
 
『間道』の著者、坂入尚文さんのインタビュー記事が『教育ジャーナル』(学研教育みらい、2018年2月号)「ひと模様」に載りました。6ページにわたって坂入さんが語ります。
 
     
 
2018.2.16NEW
 
 
陽春刊行予定の『村山新治 上野発五時三五分―私が関わった映画、その時代』の新しいチラシができました。
 
     
 
2018.2.9
 
 
【書評】『そっちやない、こっちや』(共同通信配信/東京新聞、新潟日報、神戸新聞、西日本新聞、沖縄タイムス、北海道新聞)→書評を読む
 
 
【書評】『夏目漱石考』(熊本日日新聞)→書評を読む
 
     
 
2018.2.2
 
 
『チンドン屋!幸治郎』の著者、林幸治郎さんが『文MON NEXT』115号に「見えない相手に繋がろうとする」と題して文章を寄せ、著書が紹介されました。
 
     
 
2018.2.2
 
 
【書評】『そっちやない、こっちや』(日本経済新聞/キネマ旬報)→書評を読む
 
     
 
2018.1.26
 
 
【コラム】笠井逸子『こころ静かに』(20)仕事→コラムを読む
 
     
 
2018.1.19
 
 
現在、編集中の『村山新治 上野発五時三五分―私が関わった映画、その時代』は映画監督・村山新治の回想集ですが、その代表的な監督映画作品である「警視庁物語シリーズ」が、ラピュタ阿佐ヶ谷で上映中です。
 
     
 
2018.1.19
 
 
『そっちやない、こっちや―映画監督・柳澤壽男の世界』(2月14日発売予定)の監督・柳澤の映画上映のお知らせです。東京・シネマベーラ渋谷で、「戦後映画史を生きる 柳澤寿男監督特集」が2月3日から16日まで開催されます。 福祉ドキュメンタリー5作をふくむ長編6作と、短篇17作品を一挙上映。 5回のトークショーも(聞き手=山根貞男)。詳しくは こちら
 
     
 
2018.1.6
 
 
【書評】『熊野木遣節』(東京人)→書評を読む
 
     
 
2018.1.1謹賀新年(↓弊社年賀状です)
 
 

     
 
2018.1.1
 
 
1991年初版の『エヴァの時代』(エヴァ・シュロッス=著 吉田寿美=訳)は版を重ね、現在は品切になっていますが、このたび、朝日新聞出版、朝日文庫から『エヴァの震える朝』として刊行されることになりました。(2018年1月4日発売予定)
 
     
 
2017.12.22
 
 
【書評】『熊野木遣節』(毎日新聞)→書評を読む
 
     
 
2017.12.22
 
 
【コラム】笠井逸子『こころ静かに』(19)2017→コラムを読む
 
     
 
2017.12.15
 
 
【書評】『琉球古典音楽 安冨祖流の研究』(琉球新報/月刊やいま)→書評を読む
 
     
 
2017.12.15
 
 
【書評】『さきちゃんの読んだ絵本』(フリースタイル37 )→書評を読む
 
     
 
2017.12.9
 
 
本年7月に亡くなった室野井洋子さんを偲ぶ会が 12月24日に東京の美学校でおこなわれます。本サイトの コラムも参照してください。
 
     
 
2017.12.8
 
 
【書評】『琉球古典音楽 安冨祖流の研究』(琉球新報)→書評を読む
 
     
 
2017.11.25
 
 
【書評】朝日新聞2017年11月19日の読書欄の「著者に会いたい」に 『熊野木遣節』の著者として宇江敏勝さんが載りました。
 
     
 
2017.11.25
 
 
【書評】『熊野木遣節』(朝日新聞/出版ニュース)→書評を読む
 
     
 
2017.11.19
 
 
朝日新聞2017年11月12日(日)書評欄に広告を出しました。→広告を見る
 
     
 
2017.11.19
 
 
【コラム】平野共余子『アンコウになって、闇より帰還』(32)東京国際映画祭で少数者の視点を見る→コラムを読む
 
     
 
2017.11.11
 
 
【コラム】笠井逸子『こころ静かに』(18)そば→コラムを読む
 
     
 
2017.10.30
 
 
【コラム】平野共余子『アンコウになって、闇より帰還』(31)今年のNY映画祭の東欧→コラムを読む
 
     
 
2017.10.23
 
 
『山と渓谷』2017年11月号に「特別紀行 熊野。奥山の叡智を綴り続けた人宇江敏勝さんを訪ねて」と題する特集が載りました。6ページにわたる宇江さんの特集です。