2019.12.8NEW
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(49)九段下・耳袋 其のなな→コラムを読む
 
     
 
2019.11.29
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(48)九段下・耳袋 其のろく→コラムを読む
 
     
 
2019.11.23
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(47)九段下・耳袋 其のご→コラムを読む
 
     
 
2019.11.16
 
 
【書評】『牛鬼の滝』(紀伊民報/朝日新聞和歌山版)→書評を読む
 
     
 
2019.11.16
 
 
【コラム】平野共余子「アンコウになって、闇より帰還」(40)アジアは時を超えて 東京国際映画祭→コラムを読む
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(46)九段下・耳袋 其のよん→コラムを読む
 
     
 
2019.11.8
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(45)見世物学会総会から→コラムを読む
 
     
 
2019.11.1
 
 
【コラム】平野共余子「アンコウになって、闇より帰還」(39)東欧すごいぞ、NY映画祭→コラムを読む
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(44)『サーカス博覧会記録集』が出来た!→コラムを読む
※コラム最後にプレゼントのお知らせがあります。
 
     
 
2019.10.25
 
 
【書評】『牛鬼の滝』(紀伊民報)→書評を読む
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(43)20歳の映画人、羽仁進→コラムを読む
 
     
 
2019.10.19
 
 
朝日新聞2019年10月12日朝刊読書面に広告を出しました。
 
 
 
     
 
2019.10.19
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(42)銭湯のペンキ絵→コラムを読む
 
     
 
2019.10.12
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(41)日曜日には鼠を殺せ』のベレー帽→コラムを読む
 
     
 
2019.10.8
 
 
1月27日放送で大反響!
再放送が決定しました!
NHK Eテレ10月13日(日)朝5〜6時
(再放送:10月19日(土)午後1時〜)
こころの時代
「山の人生・山の文学〜作家・宇江敏勝さん」
是非お見逃しなく!!
 
     
 
2019.10.5
 
 
【書評】『ダンサーは消える』(現代詩手帖)→書評を読む
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(40)九段下・耳袋 其のさん→コラムを読む
 
     
 
2019.9.27
 
 
2011年から毎年刊行の
宇江敏勝 民俗伝奇小説集
いよいよ第9弾が10月下旬発売予定です。
タイトルは
牛鬼 うしおに の滝』
奥深い熊野。
そこに暮らす山びとが出会う、
狸、猪、雉、狼、
そして秘境の滝に棲むという
妖怪の牛鬼。
人と動物をめぐる五つの物語。
書き下ろし中編5作品を収録。
ご期待ください!
 
     
 
2019.9.27
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(39)小さな小さな美術館から未来へ、走る→コラムを読む
 
     
 
2019.9.20
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(38)『大道芸アジア月報』→コラムを読む
 
     
 
2019.9.14
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(37)上野誠版画展 →コラムを読む
 
     
 
2019.9.6
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(36)ウッドストック余聞 →コラムを読む
 
     
 
2019.8.31
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(35)写真展「釜ヶ崎盆暮」から ※プレゼントありますコラムを読む
 
     
 
2019.8.24
 
 
『一冊の本』(9月1日発売)に広告をだしました。
 
 
 
     
 
2019.8.17
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(34)ウッドストック50周年→コラムを読む
 
     
 
2019.8.10
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(33)九段下・耳袋 其のに→コラムを読む
 
     
 
2019.8.4
 
 
【コラム】平野共余子「アンコウになって、闇より帰還」(38)10周年を迎えた〈シネマ・(ポスト)・ユーゴ〉→コラムを読む
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(32)旅する少女歌劇団「日本少女歌劇座」→コラムを読む
 
     
 
2019.7.27
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(31)九段下・耳袋 其のいち→コラムを読む
 
     
 
2019.7.19
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(30)映画『グリーンブック』とガイドブック『グリーン・ブック』→コラムを読む
 
     
 
2019.7.13
 
 
【書評】『そっちやない、こっちや』(雑誌『支援』Vol.9)→書評を読む
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(29)駆けぬけて六十余年、杉浦康平と仲間たち……→コラムを読む
 
     
 
2019.7.5
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(28)越野武さん、十津川移民→コラムを読む
 
     
 
2019.6.28
 
 
『一冊の本』(7月1日発売)に広告をだしました。
 
 
 
     
 
2019.6.28
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(27)NYPL異聞、美術館学芸員の仕事→コラムを読む
 
     
 
2019.6.21
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(26)ネイバーフッド・ライブラリー、ピープルズ・パレスのNYPL→コラムを読む
 
     
 
2019.6.14
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(25)上野英信展余聞:谷川雁の影→コラムを読む
 
     
 
2019.6.8
 
 
雑誌『キネマ旬報』6月下旬号に「映画本大賞2018」が発表になり、小社の本2冊が第2位と第9位に入りました。
第2位『村山新治、上野発五時三五分』→書評を読む
第9位『そっちやない、こっちや』→書評を読む
 
     
 
2019.6.8
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(24)「映画の教室 2019」、「キネマ旬報映画本大賞2018」→コラムを読む
 
     
 
2019.5.31
 
 
【書評】『海の島』(中学国語教科書「新しい国語」)→書評を読む
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(23)サーカス博閉幕、上野英信展開幕→コラムを読む
 
     
 
2019.5.24
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(22)みたびサーカス博の丸木美術館へ→コラムを読む
 
     
 
2019.5.18
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(21)ふたりの編集者→コラムを読む
 
     
 
2019.5.10
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(20)小さな映画会→コラムを読む
 
     
 
2019.4.27
 
 
【コラム】平野共余子「アンコウになって、闇より帰還」(37)バルカン映画4作→コラムを読む
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(19)サーカス博覧会ふたたび、木版画運動、上野誠→コラムを読む
 
     
 
2019.4.19
 
 
【書評】『呪い釘』(週刊読書人)→書評を読む
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(18)記録映画『アメリカの家庭生活』と3冊の本→コラムを読む
 
     
 
2019.4.12
 
 
以下の3冊が、全国学校図書協議会の選定(いずれも程度:高校)を受けました。
1)『呪い釘』
2)『ダンサーは消える』
3)『村山新治、上野発五時三五分』
 
     
 
2019.4.12
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(17)樹を見て風を聞く、静寂と清涼、戦後編集者、泰という国→コラムを読む
 
     
 
2019.4.5
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(16)サーカス博覧会が丸木美術館にやって来た!→コラムを読む
 
     
 
2019.3.3
 
 
映画『よあけの焚き火』(土井康一監督、桜映画社、公式サイト)が、ポレポレ東中野で3月2日(土)から公開されます。館内で販売されるパンフレットの編集・校正に新宿書房が協力しました。
 
 
 
     
 
2019.3.3
 
 
【コラム】村山恒夫「俎板橋だよりーー本、映画、本、また映画へ」(11)川本三郎、清田義昭、田仲のよ→コラムを読む