日本文学/民俗/社会
山人伝
 
宇江敏勝 著
46判/184頁/上製
本体2000円(税別)
ISBN978-4-88008-420-6 C0095

山には山人(さんじん)の生と死がある。
鉱山師(やまし)、炭焼き、松煙焚き、山伏、猟師、木地師、荷車曳き、それに狼や兎や狸や蟇(ひき)たち。
山を知り尽くし、山に暮してきた者だけが描ける山の人生。
著者初の「民俗伝奇小説」集!

著者紹介→宇江 敏勝