日本文学/民俗/社会
熊野木遣節(くまのきやりぶし)
宇江敏勝 著
 
46判/284頁/上製
本体2200円(税別)
ISBN978-4-88008-470-1
 
民俗伝奇小説集第7弾!

熊野の山ふかい、八鬼沢の里(ジゲ)。
木遣りの歌声と男たちの掛け声が
谷底から絶え間なく聞こえてくる。
川に丸太を流す狩川と、雨を待つだけの天水田。
いまや三軒しか残らぬこの集落に住む、
ひとりの女の70年にわたる流転を、
哀しく美しく描き出す。
連作7作品を収録。
 
著者紹介→宇江 敏勝
※書評情報はありません。
  ▲帯なし  帯あり▼