[コメント]

『昭和天皇実録』は2014年(平成26)に完成、2019年3月に約5000カ所の誤りを発表し、今回新たに約2200箇所を誤りとして「認定した」という。

この『昭和天皇実録』の正誤表については、当コラムで書いたことがある。
東京書籍は2015〜19年に公刊本を出版し、ほとんどの誤りを修正したが、反映されなかった157カ所の「正誤表」を今回公開している。

https://www.tokyo-shoseki.co.jp/books/74401/
https://www.tokyo-shoseki.co.jp/pdf/oshirase/......

国家予算を使ったこの記録出版事業の結果に対してはいろいろ厳しい意見があるはずだ。しかし、「正誤表」というものは出版に携わる者にとって、いつも貴重な教科書となる。