2017年 8月
 

《原爆の図》全国巡回

 
 
 
 
広島に原爆が投下されてから72年が経った。広島から遠く離れた埼玉県東松山市にある「原爆の図丸木美術館」では、丸木夫妻の描いた《原爆の図》の前で、原爆で亡くなった方々への追悼の催しが行われた。
丸木位里と丸木俊は、原爆の惨禍を描いたが、当時まだアメリカの占領下の日本で、彼らがどのように全国巡回を行ったか? どれくらいの人々が絵を観たのか? 「原爆の図丸木美術館」の学芸員で本書の著者、岡村幸宣さんは丹念な調査をもと、本書を書き上げた。
本書は2016年12月、「平和・協同ジャーナリスト基金賞」の奨励賞を受賞した。